9条改憲阻止の会

3.14新感染症口実の非常時体制を問う緊急討論集会開催

  9条改憲阻止の会は、以下のとおり緊急討論集会を開催します。
ぜひご参加ください。

 緊急討論集会(第11回憲法連続討論会)
 テーマ:新コロナウィルス拡大防止と緊急事態体制
       -感染症対策からはじまるファシズム
 問題提起:三上 治(9条改憲阻止の会)
 日  時:3月14日(土)午後6時半から8時半まで(午後6時開場)
 会  場:アカデミー文京・学習室(文京シビックセンター地下1階)

 新コロナウィウィルスの感染拡大が続いています。これに対して、安倍内閣の
対応は、後手後手にまわり、5日には中韓からの入国制限強化を発表するなど
いまだに「水際作戦」を展開しています。しかも、新感染症に的確な対応が
とれないにもかかわらず「特措法」立法により「緊急事態宣言」を下せるようにし、
政府や自治体が私たちの自由や権利を簡単に制限できるようにしようとしています。
有効な対応が出来ない政府に強力な権限を与えることは、感染症をさらに拡大する
ことにつながるばかりか、必要性もあいまいで慎重かつ迅速な手続きも経ない
「強権発動」が続くであろうことは、安倍首相による突然の休校要請などを見るだけでも
わかります。  9条改憲阻止の会は、11回にわたり憲法連続討論会を開き、「安倍改憲案」の問題点を
明らかにしてきました。安倍内閣の動きを改憲の先取りととらえ、予定していた第11回
憲法連続討論会を緊急討論集会とすることにします。  コロナウィルスの感染拡大を口実にはじまった「緊急事態体制」の実態を見きわめ、
いのちと健康を守るための感染症拡大防止策を一緒に検討しましょう。新コロナウィルス
感染予防を口実に私たちの自由や権利が侵されることのないよう、事実の確認と整理を進め、
議論を行い、緊急事態体制の本質を探り、行動を模索します。

連絡先 9条改憲阻止の会

事務所:
〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目21番8号 新虎ビル2階
電話&Fax:Tel:03-6206-1101 Fax:03-6206-1102
Eメール:info@9jyo.net